So-net無料ブログ作成

読書内容と現実的な類似点・・・

ここのところ文庫本の再読を、立て続けに六冊完読しました。 明治・大正・昭和の初期を舞台に、青年の成長記録が多いものの・・・ その成長過程で貧困生活を、正面から向かって行く者や。 挫折の中から何度も立ち上がり、裕福というところに手が届かぬとしても・・・ 貧困から抜け出すために、歯を食いしばって居る者等々。 裕福だから幸せかというと、中に入ってみるとそれほどでもない現実。 男性で言うなら見習い・女性ならお手伝いさんというところでしょうか・・・ これらを雇い入れるのは裕福な既婚女性ですが、中には既婚男性もいたりして・・・ 意外に裕福な女性は性的不満の方が多いようで、特に見習の男性にはきつく当たります。 逆にお手伝いとした女性とは、友達関係のようになることも・・・それもいつまで続くのか。 既婚女性と既婚男性の間にできた大きな溝が、女性の性的不満を作り出しているようで・・・ 誰から見ても不倫とは縁遠い女性でも、知らない間に男女関係・・・ このようなことが文庫本の中に、取り上げられていました。 これがあくまでも仮想と思っていたら、今でも形を変えども不倫関係はあるようで・・・ 恋人同士・既婚者の方々は、お互いの関係に溝を作らないのが 最も大事と思われます・・・ それでは・・・また
nice!(115)  コメント(0) 

nice! 115

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。