So-net無料ブログ作成

言葉の暴力には気を付けて・・・

言葉の使い方一つで、気持ちの浮き沈みが起こることがあります。

何げなく使ってる言葉も、相手によって使い分けねばなりません。

例えば「馬鹿だな~」・「愚図だな~」・「甘えんぼうだな~」

どの言葉も相手を愉快にする言葉ではありません。

言葉を発する時は思ついた事をすぐに言葉にするのは危険です。

健常人でもあまり良い感触ではありません。

思いを言葉にする時は、相手の方が喜ぶ言葉を選んで使うべきでしょう。

何かのプレゼントをもらった時、好みに合わなくとも有り難うでしょう。

相手の優しさに苦情を言えば、お互いの気持ちが気まずくなるばかり・・・

何度も気まずい言葉を使えば、溝は大きくなり修復不可能に

そう思われませんか・・・

彼女・彼氏のあいだがらなまだしも、既婚者となればどのような結末があるのか

私の知りうるところでは、家庭内別居・家庭内離婚なんて事があるかも。

何故つき合ってるのだろう・何故一緒に暮らしているのだろう・・・

それはお互い引きあう気持ちが、好きという気持ちで結ばれているのでは。

何れかが嫌いになったとき、気持ちは深く沈み憎しみに変わるかもしれない。

好きという気持ちが残っていても、別れの扉を開けてしまうことも・・・

恋愛にしても結婚にしても、何れかの気持ち次第でしょう。

知らない同士の男女が恋という魔法にかかって、寄り添ったり離れたり・・・

魔法が解けても寄り添っていれば・・・・何れは愛に変わるかもしれません。

甘えることも必要でしょう・逃げることも必要でしょう・・・

言葉は生き物、上手に使い分けてみては。


それでは・・・また



nice!(148)  コメント(0) 

nice! 148

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。